結局買った MacBookAir 11インチ mid2013

最近迷いに迷っていたMacBookAir 11インチ mid2013なのですが、結局先日勢いでポチっちゃいましたww
スペックはこんな感じです。

MacBookAir spec

  • 1.3GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大2.6GHz)
  • 8GB 1,600MHz LPDDR3 SDRAM
  • 128GBのフラッシュストレージ
  • バックライトキーボード (US) + 製品マニュアル(日本語)

MacBookAir 11インチにした理由

サイズを11インチにした理由なのですが、これは結構単純です。
それは今MacBookProの15インチも持っているので、そっちとサイズが被るな〜って思ったのが大きい理由です。
13インチだとちょっと大きくなって、バッグを選ばないという僕の要件から少し外れてしまうなと思いました。
ただ、電池の持ちがすごく良くなっているのでその点は最後まで迷いました。
でも、HyperJuiceあるし、12時間も使わないだろうってことで、11インチしました。

この構成にした理由

次にこの構成にした理由です。
まずはCPU。これについては、それほど重い作業をしないのと、グレードを上げてもそれほどメリットを感じなかったところです。
たぶん、Airではコーディングとブログを書くのとWeb閲覧しかしないので。

次にメモリ。これは8GBにしました。
プログラミングやWebデザイン時にたくさんタブを開くのとそれなりにグラフィックツールを使うのが理由です。
4GBと8GBだとかなり違いますからね。
個人的な見解ですが、Macはメモリ食うので、8GBを選ぶほうが後悔が少ないと思います。

ストレージについて、basara669はよく使うファイルや素材、直近のプロジェクトの作業ファイルなどはDropboxに入れています。
購入にあたって要らないフォルダを別に移したりして軽量化したら15GBになったので、128GBで間に合うかなって感じで128GBを選びました。
Air買ったらついでにファイルも整理出来てしまったよ〜w

キーボードはUSしか使わないので、USです。

MacBooAirを使うにあたって考えたこと

今回新しいAirは機能を限定しました。
それは今持っているProとの差別化なども考えてです。
その中で今回買うAirでは脱Adobeをしようと思っています。
これまでFlashをやっていたこともあり、基本的にはAdobe製品入れないとだめだろ〜って思ってたんですが、今は正直使うものはPhotoshopとIllustratorくらい。
※Fireworksもなくなりますし。。

現在はグラフィックツールも充実してきて、これに代替出来るサービスもいくつもあります。
こういった別のツールを使って、脱Adobeをしつつ、容量も確保していこうかと思ってます。
脱Adobeが見事出来るか、このブログで書いていこうと思います。

早く届かないかな〜!
ではでは

※Amazonだと8万3000円くらいなのか・・。(2013年7月30日現在)

MacbookPro Retinaモデル (mid 2012) 15インチを1年使ってきてみて

2013年7月現在、basara669 はメインは、MacbookPro Retinaモデル (mid 2012)の15インチを使っています。
それまで、iMacとAirという2台体制だったのですが、思い切って一台だけにしてみました。
それはそれで楽しく生きてきたのですが、先日のアップルの発表以来、MacBookAirが気になって仕方ありませんw
たぶんこういうふうに思うのも何か今の環境に不満を持っているからじゃないかと思いましたw

というわけで、MacbookPro Retinaモデル (mid 2012) 15インチとの1年を振り返ってみて、レビューしてみようと思います。

良かったところ

画面がやっぱり綺麗

これは間違いなくこれまでに無いくらい画面が綺麗でした
ホントこの辺りは買ってよかったなぁという点です。

早い

これも想定どおりですが、ノートPCとは思えないほどの爆速っぷりです。
フォトショとかヒュン!って起動します。
色々なコンパイルなども早いですし、間違いなく作業効率は上がりました。

持ちやすい

RetinaではないMacBookPro使ってたことがあるのですが、うすくなったことでずっと持ちやすくなりました。
ちょっとした時に移動するときなど、大切なポイントでした

外部ディスクで何でも出来る

itunesのデータなど大量にあったので、内蔵ディスクが512しか無いことに少し不安がありました。
しかし、うまく設定すれば全然問題無く、外部のHDDを使ってうまく運用出来ます。

一つだけ設定すれば良い

これが一番のメリットでした。
これまで複数のMacを使っていたのですが、環境の違いにちょっとしたときに「あっ」となってました。
コンパイルなどしようとして、プラグイン入ってない〜とかあったり・・。
これがワンソースで済むようになったことでストレスが大きく軽減しました。

悪かったところ

続いて悪かったところです。

重い

薄く、軽くなったとは言えやっぱり重いです。。
どこかで少し作業しようという時に、軽く持ち出すって感じではないです。
あとベッドとかでちょっとブラウジングなどもしなくなりました。

縦に長い

これは意外と地味に嫌で、新幹線や飛行機で前の方がリクライニングしてしまうと確実に開けなくなります。
本来だとそこで作業をしたかったのですが、その時間が取れなくなってしまいます。

バッグを選ぶ

とても大きいので、バッグを選びます
たいていリュックや大きめのバッグを洗濯することになってしまいます。。
地味に嫌なところでしたね〜。

電池の保ちはそれほど良くない

公称値は7時間なのですが、4時間から5時間程度しかバッテリーは保たないです。
結局Hyperjuiceを持ち歩く日々でした。

旅行先で開かない

旅行先に持っていくのですが、旅先では荷物を減らしかったり、夜はつかれていたりとで意外と開かなくなりました。
旅先や出張では使わずって言うことが多かったです。

まとめ

MacBookAirの発表がトリガーになっているのですが、これまでと違い最近移動する機会が非常に多く、その度に重い思いをしていたり、充電器を持っていくかどうかの判断を迫られました。
それもストレスになっている気がします。
う〜ん、迷うな〜〜〜。。
ただ、Retina MacbookPro は非常に良い端末で性能としては申し分無いと思っています。
だからこそ、必要ないかも〜ということで迷うな〜〜〜。。

OTAを待てない! Nexus4 を手動でAndroid4.3にアップデートする方法

googleの発表会で色々発表されましたね! やはり注目はNexus7でしょうか。
あの価格帯で、あれだけのスペックで出されちゃうと日本の他のAndroidタブレット出しているところはタジタジですよね(^_^;)

僕はiPad miniを持っていて、基本的に満足しているのですが、これは欲しくなってしまいました!
安いし、買っちゃおうかな!w

さて、本題に入ります〜

Nexus4をAndroid4.3にアップデートする

今回の発表でもう一つあったのが、Androidの4.3のアップデート配信です。
順次Nexusの4、Nexus7、Nexus10の端末に配信されていくのですが、これが待てない!という方のために手動でアップデートする方法をご紹介します。
写真見づらくてごめんなさい(´・ω・`)
※アップデートにはAndroidの開発環境のインストールが必要になります。

1.アップデートファイルを落としてくる

まずはNexus4のためのファイルデータをダウンロードしてきます。
4.3のデータはこちらからダウンロード出来ます。

2.Nexus4をシャットダウン。

Nexus4の電源を切ります。

3.ブートローダーを起動

ボリュームの上下ボタンを押しながら、電源ボタンを同時に長押しをするとできます。

4.リカバリモードで起動する

ブートローダーの画面だと、ボリュームボタンでメニューを変えられるので、「Fecovery mode」を選択して、電源ボタンを押して決定をすると、リカバリモードで再起動されます。

5.メニューの表示

↑の画面になったら、ボリュームのアップボタンと電源ボタンを同時(長押しではない)同時に押してメニューを表示

6.USBで接続する

5の状態になっている状態でUSBで接続します。

7.ファイルを送り込む

メニューから「apply update from ADB」にカーソルを合わせて、電源ボタンを押して決定すると、「Now send the package…」というメッセージが表示されます。 ターミナルを起動して、1でダウンロードしたファイルをadbで送り込みます。

adb sideload ebc8bad23772b5fd6e2907e48b4c74ba0ed58f21.signed-occam-JWR66V-from-JDQ39.ebc8bad2.zip

「sending: ‘sideload’ 100%」になると、端末側のアップデートが走ります。

8.再起動して完了

「Install from ADB complete」と表示されたら、インストールが完了です。 「reboot system now」にカーソルを合わせて電源ボタンを押すと再起動します。

起動したら、おめでとうございます!4.3にアップデート完了です!

アップデートした結果

4.3になったのですが、マイナーバージョンアップなので、ホントどう変わったのかわからんです。。
きっと裏側のアーキテクチャとか変わってるんだろうな〜。。
アップデートの内容が気になる方は他のページでたくさんまとめっているので、こちらなどを参照してくみてください。

速報:Android 4.3 発表。マルチユーザ強化やBluetooth LE、OpenGL ES 3.0対応と性能向上 – Engadget Japanese

Nexus4はホント買ってよかった。

ではでは

上海で使えるWebサービス、使えないWebサービス

先日、会社の出張で上海に行って来ました!

上海色々大変でした。。
何が大変って日本で使えているWebサービスが普通には使えないので、如何に自分がWebサービスに毒されているかわかります。

上海で使えたWebサービス

上海で使えたWebサービスなのですが、下記のものは使えました。

  • fourSquare
  • instagram
  • android版のgoogleMap
  • ipad版のSkype
  • LINE

後述するのですが、中国ではTwitterは使えません。しかし、fourSquare経由だとTwitterに投稿出来ちゃったりします。
instagramなどはわかりませんでした。。
※実は途中でウィルスにかかり、Androidを初期してしまい、うまくinstagramをインストール出来なかったからです。

LINEは特に日本にいる人と連絡とるには便利でした。
ただ、一度LINEを消してしまうと、中国の回線ではインストールすることが出来ないので、そこは注意が必要です。
SkypeはPCだとプチプチ切れる状態だったのですが、iPad版は物凄い安定してました。

旅で必須のgoogleMapなのですが、Android版は安定して使え、上海の街を迷うこと無く過ごせました。
ブラウザで見るとイマイチ動きが・・。

上海で使えなかったWebサービス

逆に使えなかったのはこんなサービスです。

  • Facebook
  • Twitter
  • google
  • youtube

FacebookとTwitterは結構有名だと思うんですけど、これがかなり影響範囲が大きいです。
イマドキどこのブログでも、TwitterやFacebookのフィードを入れていると思います。
もちろん僕もブログに入れています。
これがブログにあると、それ以降ページが読み込めないという事象があるのです!!

なので、普通にブログを見ようと思っても、たいていのブログが読めません。。
ブログを始めソーシャルサービスから情報を手に入れている僕としては非常にマイナスが大きかったです。

次にgoogleのサービス全般が使えませんでした。

google.comでも、google.co.jpでも検索がうまく動きません。。
なので、美味しいお店をググろうとしても、どういうところが楽しいかとかググろうとしてもうまく動きません。
全く使えないわけではなく、たまーに検索結果が帰ってくる感じです。
ストレス無く使える状態ではありませんでした。

gmailも同じ事が起こっており、よく切れます。
送信だけうまくいかなかったり、保存を押すとセッションが切れて保存が出来てなかったりと、これも使うのにストレスが半端無かったです。

まとめ

とりあえず上海では、日本と同じようにWebが使えると思わないほうが良いです。
予想以上にガイドブックなどが役立ちました。
これから上海や中国に行かれる方は気をつけてください。

ではでは

wordpressアップグレード時に「接続情報」が出てしまった時の対処方法

色々忙しくてなかなかブログが更新できなかったのですが、久しぶりにwordpressの管理画面を開いたら、wordpress 3.5.2がリリースされてるじゃないですか!!

というわけで早速アップデート!

と思ったら、何やら、見たことない画面が・・・。

自動更新が動かなくなっている・・。

自動更新をオンにするための方法

色々調べてみると自動更新をONにするための方法は色々あるようです。

  1. apacheに権限を与える方法
  2. wp-config.phpに追記する方法
  3. functions.phpに追記する方法

apacheに権限を与える方法

apacheに権限を与える方法はなんとなくセキュリティ的に怖いような・・・。
失敗した時に色々消されてしまったり、何かすると大変なことになってしまうんじゃないかと思って却下しました。
※後、そもそもapacheに関する知識も少ないですし、黒い画面が苦手なため

wp-config.phpに追記する方法

次にwp-config.phpに追記する方法なんですが、これがとても簡単で以下を追記するだけのようです。

[javascript]
define(‘FS_METHOD’,’direct’);
[/javascript]

これはとても簡単なのですが、wp-config.phpって色々なところに影響があるので、これもやめました。

functions.phpに追記する方法

最後のfunctions.phpに追記する方法なのですが、basara669はこれを使いました。

やり方は、使っているテーマのfunctions.phpに書きを追記します。

[javascript]
function set_fs_method($args) {
return ‘direct’;
}
add_filter(‘filesystem_method’,’set_fs_method’);
[/javascript]

やっていることはフィルターフックを使って2番めのやつを行なっているだけですね。
なぜ、これを選んだかというと、functions.phpだったら、切り戻しが楽だった気がしたからですw
functions.phpの最後の追記しました。

まとめ

そもそもなんでこの状況がいきなり起き方の検証をするべきなのですが、全然出来てません・・。
それでいいのか・・。
根本的な原因を解決出来ず、乗り切ってしまったって感じです。
後々、何か問題が起きてしまうかな・・。
不安だな・・。

ただ、とりあえず自動更新は出来るようになります!
自動更新ができなくなってお困りの方はぜひぜひ試して下さい!

ではでは

Scroll to top