Picasa と flickr を比較してみた!2012年版

Picasa vs flickr

前のエントリーにてNEX-5ndを購入してめっきり写真が楽しくなっているbasara669です。

せっかく撮ったんだから、この写真を共有したりしたいってやっぱり思うようになったんですよねw

昔は全く写真に興味なかったので思わなかったのですが。。

で、共有するのに、iCloudは便利なんですけど、PCでの管理には難しい気がする(というか、iPhotoのそういう機能がわかってない)ので、「Picasa」と「Flickr」を比較してみました。

基本的なスペックはこんな感じです。

Flickr&Picasa比較表

比較表FlickrPicasaウェブアルバム
(Google+に登録の場合)
アップロード容量(写真)【無料版】
300MB/月(1枚30MB以下)
最大容量は無制限

【有料のPro版】
無制限/月
(1枚50MB以内)

【無料版】
最大1GB(条件付きで無制限)
(1枚20 MB 以下で50メガピクセル以下)

写真サイズが2048 ピクセル以下なら無制限

1GBを超えてアップロードした場合には
自動的に2048 ピクセルにリサイズされる

[注意点]
ウェブ アルバムの最大数は10,000 点
1つのウェブアルバムには最大1,000 点
※写真の最大保存枚数は1000万枚

【有料版】
購入容量によって最大値が変化
詳細は最下部へ

アップロード容量(動画)【無料版】
2本/月(90秒以内で150MB以下)
最大容量は無制限

【有料のPro版】
無制限/月
(最大90秒、ビデオごとに500MB)

【無料版】
1GB
15 分以下の動画のアップロードは無制限

【有料版】
購入容量によって最大値が変化
詳細は最下部へ

閲覧制限(リサイズ)アップロードした最新200枚だけが閲覧可能オリジナル画像が大きい場合は小さくリサイズされる。リサイズされた画像のサイズは以下

  • 75×75ピクセルの正方形
  • 150×150ピクセルの正方形
  • 長辺100ピクセル
  • 長辺240ピクセル
  • 長辺320ピクセル
  • 長辺500ピクセル
  • 長辺640ピクセル
  • 長辺800ピクセル
  • 長辺1024ピクセル

(有料版にすれば全てのオリジナルサイズの画像にアクセス可能)

1GBの以内であれば、オリジナルサイズの画像が閲覧可能1GBを超えてアップロードされたものは長辺が2048 ピクセルにリサイズされる。
アップロード方式専用のアップロードソフト
「Flickr Uploadr」

もしくは

・サイトへのドラッグ&ドロップ
・フォルダを選択してのアップロード
・専用アドレスへメール送信

画像管理ソフト
「Picasa」

もしくは

・サイトへのドラッグ&ドロップ
・フォルダを選択してのアップロード
・専用アドレスへメール送信

対応拡張子【写真】
JPEG
GIF(非アニメーション)
PNG

TIFFは自動変換されJPEG形式で保存

【動画】
AVI、WMV、MOV、MPEG-1、MPEG-2
MPEG-4、3gp

「Picasa」(画像管理ソフト)からのアップロードが前提

【写真】
JPEG/TIFF/BMP/GIF(非アニメーション)
PSD(Photoshop)/PNG/TGA/RAW

・RAW形式に関しては日本で流通しているカメラのRAW形式であればほぼ全て対応済み

【動画】
MPG/MOD/MMVTOD/WMV/ASF/AVI/DIVX
MOV/MP4とかとか

サイトへの貼付けHTML / BBコードでの貼付け
リサイズされる全てのサイズで貼り付けが可能
ブログパーツ有り
HTML / BBコードでの貼付け
貼り付けられるサイズは5種類
・長辺144ピクセル
・長辺288ピクセル
・長辺400ピクセル
・長辺640ピクセル
・長辺800ピクセル
写真の販売有り無し
顔認識無し有り
有料版プラン容量無制限購入容量によって年間の支払金額が違う
詳細はこちら

以下の一覧は月額

  • 25 GB $2.49
  • 100 GB $4.99
  • 200 GB $9.99
  • 400 GB $19.99
  • 1 TB $49.99
  • 2 TB $99.99
  • 4 TB $199.99
  • 8 TB $399.99
  • 16 TB $799.99

上の表を見ると、明らからにFlickrは有料版じゃないと使いようが無いかなと思います。

逆に言えば、RAWデータを使わないのであれば、Flickrは有料にすれば完璧です。

もうハードディスクを持ち歩くことも無いですし、全部の写真をクラウド上に置くことが可能なんじゃないかなと思います。

無料で使うなら、確実にPicasaだなと思います。

2048pxまでとなりますが、バンバンあげられるのはいいですね。

使い勝手について

私はMacを使っているので、Picasaのソフトは使わず、Apertureを使っています。

PicasaのクライアントソフトはインストールされるとPCの中の全部の画像データをインデックスしてしまい、関係ない情報もフォルダに入れちゃうので、若干使いづらいです。

その点から考えるとApple製品は各サービスからFlickrへアップロード出来るので、親和性が高いのはFlickrかなと思ってます。

※ただ、Apertureには便利なプラグインを見つけたので、そちらについてはまた別途ブログにしたいと思います。

共有について

PicasaはどちらかというとGoogle+の一機能となってしまったので、Google+やっている友達とは連携しやすいですけど、それ以外の友達にはリンクを教える感じになってしまうので、若干使いづらいです。

ただ、AndroidにもiPhoneにも良いクライアントソフトがあるので、そちらを使えば問題無いかなと思います。

Flickrは共有しやすいですが、日本では良いアプリが無いです。

で、結果どうしたの??

実はここまで比較をしてみて、あれなのですが、

実はbasaraha669は・・・・

Gmailの有料プランユーザーなのです!!w

しかも、2012年4月24日以前から有料なので、昔ながらの年間5ドルしかかからない、有料プランなんですww

その結果、Picasaの容量も25GB近くあるので、何も考えずにPicasaにしましたwww

ただ、これから使い人は以下を判断基準にすれば良いと思います。

  • とりあえず写真共有したい人→FlickrでもPicasaでも
  • 安く使いたい→Picasa
  • バンバン使いたい→Flickr
  • ストレージとして使いたい→Flickr

実際使ってみたら、無料の2048pxでも全然満足できるくらいだったので、しばらくはPicasaを使おうと思います〜!!

Leave a Comment

お問い合わせ

お仕事の依頼や何か質問などあれば、こちらからお願いします〜。

Not readable? Change text.

Start typing and press Enter to search