BookBook for iPhone5 を買ってみた!

会社のセキュリティカードを入れるものが無くて、名刺入れを使っているんですけど、お昼行く時とかに忘れていっちゃうんですよね〜。
iPhoneは裸族なのですが、常に持っているものってiPhoneなので何かいい感じのあれば、カードが入るケース使おうかなと探していました。

とりあえずApple Storeを見ていたら、古いヨーロッパの本の装丁のようになる「BookBook for iPhone5」というのがありいい感じだったのでApple Storeで購入!そちらのレビューをしたいと思います。

開封と外観

箱はこんな感じです。
いい感じ

箱の横とかも凝ってます

偽物が出回っているらしいですけど、Apple Storeで買ったから大丈夫だと信じてます!w
お値段は5,980円
ケースとして考えると結構高いのではないかと思います。

箱を開けると変なカードが入ってます。
なんだろう、これ

じゃーん!これが本体です。

これが背面。赤が映えますね。本みたいでおもしろいです。

外側はレザーでできているのですが、独特な感じです。
色々なところのレビューにも出ていますが、革のニオイが強いです。

中身

早速中を開いてみます。
iPhoneの紙のモックが入ってます。

左側のカード部分などは別の革が使われています。

厚みなのですが、iPhoneの2倍ちょっとくらいかな〜。と言う感じです。
ポケットに入らないという方もいらっしゃいましたが、たぶん男性なら入るんじゃないかなと思います。

iPhoneを入れるとどうなるか

iPhoneを入れてみました。
ピッタリです。
が!!!!
この写真でもわかるのですが、iPhoneが真っ直ぐではありません。。
ちょっと左に傾いているのがわかりますでしょうか?
作り甘いな〜・・テキトーだな〜。。

ボリュームボタンはこんな感じで操作できるようになっています。
閉じると操作出来ないことは無いですが、難しいです。

背面にはもちろんカメラ穴があるので、つけたまま撮影が出来ます。

カード入れてみます。
入れたいものがバッチリ入る収納力!これは良い!

カードをいっぱい入れた状態だと・・・。
まだ革が硬いからか、閉じないな〜

まとめ

カードを入れるとかなり、厚みが増すのとかなり重くなります。
でも、それはこういったケースを使う人はある程度覚悟しているかな〜と思ってたりします。
また、私の場合はズレているということが起きました。他にも作りが甘いところがあるらしく、ノリがはみ出ていたという方もいらっしゃるようです。
決してケースとしては安くないもの(5980円)なので、ここらへんはちゃんと作って欲しいですね〜。
ただ、見た目は他ではなかなか見れない感じの本型になっていたおしゃれ
他の人と違うものを使いたいという方にはオススメです。
どれくらい便利かは使ってみないとわからないのですが、このズレを許せるようになるかどうかは、これの性能次第ですね〜。
またブログをかくことにしようと思います。
ではでは

Leave a Comment

お問い合わせ

お仕事の依頼や何か質問などあれば、こちらからお願いします〜。

Not readable? Change text.

Start typing and press Enter to search