HP chromeBook 11のレビュー!(開封編)

こんちは!basara669です!

先日ニューヨークに行ってHPのChromeBookの11インチを購入してきたので、開封ブログを書こうと思います。このChromeBookは税金も含めると約3万円ほどなのですが、その値段とは思えないほどクオリティが高いです!

Chromebookって?

ChromeBookはgoogleが開発しているPC用のOSのChromeOSが載っているPCです。アメリカでは発売されていて、結構売れているっぽいのですが、日本にはなかなか来ないですね〜。

出る出ると言われて全く出ないのですが、ニュースを見ていると今年こそ出るかな〜という感じですね〜

日本発売が期待されるChromebookの可能性を探る

ChromBookの種類

種類というほどではないのですが、大きく分けると2種類あります。1つは普通のPCメーカーがChromeOSを搭載したものと、googleと共同で開発したものの2つあります。

Windowsで言うと普通のPCとSurfaceみたいな感じですかね〜w

今回、購入したのは後者のモデルになります。

2つの見分け方

見分け方はとても簡単で、PCの背面にあるロゴを見ればわかります。

PCメーカーが作ったものはこちら

Googleと共同で作ったものはこの後開封しながらお見せします!

HP ChromeBook 11を開封!

早速開封しようと思います。

箱はこんな感じ。とてもシンプルです。

周りを囲っている青い帯にはGoogle!

さらに青い帯を取ると、Google!!

さすが、GoogleのPCだけあって、ひたすらGoogleですねw

はい、ドーン!!!!

白い〜!!!昔のMacbookみたいですね。

裏蓋には「Chrome」!!

スゴイかっこ良くて、メチャクチャテンションが上がる!!

中に入っているのは、本体と充電ケーブルとこのメッセージカードだけです。

このメッセージカードには、本当に簡単な説明があって、他には特に説明書になるものは無いです。

HP chromeBook 11の外観レビュー

さてさて、外観のレビューをしていきましょう〜。

本体の素材は手垢が目立ちそうなテカテカした素材ですね。指紋が気になる人は気になっちゃうと思います。
ここに出ている線みたいなのが、Googleと共同で開発している端末はこのロゴになります。

内側にはHPのロゴがあり、ゴムは本体のアクセントのカラーになっている青になっています。
これはちょっと微妙なデザインかな〜

ただ、この青い部分がグリップになって、持ちやすいです。

chromeBookには他にも色があって、それぞれのアクセントカラーにこの裏面の色はなっているようです。

薄さは結構薄いですが、MacBookAirよりは薄くは感じないです。一応公式の暑さは17.6mmです。

キーボードは英字配列になっていて、アクセントのブルーがキーボードの周りにあります。

キー配列は少し特殊な部分もあって、Googleらしく検索ボタンがあります。

トラックパッドは、Macの様にガラス製ではないですが、結構滑らかです。

開いてみるとこんな感じです。この価格にも関わらず、Webカメラがちゃんとついてます。

左側に全ての拡張ポートが揃っていて、USB2.0が2ポートとイヤホンジャック、それと充電のMicroUSBポートがあります。

スゴイのはPC用の充電器ではなく、microUSBで充電することが出来ます。外に行く時に荷物減らせるわ〜!

気になる充電器はこんな感じでコンパクトでしっかりChromeって入ってますw

basara669の感想

とりあえず長くなったので、ここで終わります〜。次回セットアップなど書こうかな〜。

持った感じとか3万円とは思えないほどの高級感です!!

気になる人はチェックしてみてください!

Leave a Comment

お問い合わせ

お仕事の依頼や何か質問などあれば、こちらからお願いします〜。

Not readable? Change text.

Start typing and press Enter to search