こんなに簡単なの!?Mavericksをインストールしてみた!

Mavericksがダウンロードできるようになったので、早速ダウンロードしてみました。
まぁ、ブログにするようなレベルじゃないくらい簡単でしたww
僕のAir(2013)で、かかった時間はダウンロード10分くらいでインストールが50分くらいで約1時間くらいで終わりました。

まずMacのAppStoreを起動

MacのAppStoreを起動すれば、トップにデカデカとアップデートがあるので、そちらをクリックするか、上部のアップデートを押せば、下記の様な画面が出てきます。

で、そこにあるアップデートを押します。

え!?操作これだけ!?

ほとんどやるのはこれで終了ですwww
ダウンロードが開始されます。

ダウンロードが完了すると、Mavericksのロゴが!!

規約に同意をし

インストールするディスクを決めれば、インストールが開始されます。

インストール中・・・この間何回か再起動します。
で、インストール完了!
操作ほとんど無かったですね。

初期設定をします。

まずはAppleIDの設定をします。

次に新機能iCloudキーチェーンの設定します!もちろんする!1Password持ってるけど!w

これで完了です!アップデートおめでとうございます!

まとめ

このインストールの手軽さ、それと早さはホント素晴らしいです。
AppStoreからダウンロードが出来るようになる前は、それなりに大変で、ユーザーにとてもストレスな行為でした。
Windowsも色々工夫していると思いますが、まだここまでのお手軽さは無いです。
ジョブズが実現したこのユーザーフレンドリーな世界はアプリなどを作っている立場の人間としてはホント見習わなくていけないですね。
よーし、いっぱい触ってみよう!

Mavericksキターーー!インストールするぞ〜!

Appleの発表色々ありましたね〜!!
iPad Airだの、Retina ipad miniだの気になるものがたくさん出てましたね!!
色々欲しい〜!!
そんな中、新しいMacOS MavericksがすでにMacのAppStoreでダウンロード可能です。

メインで使っているMacではさすがにインストールは出来ませんが、サブ機のAirで人柱的にインストールしてみようと思います!

KeyNoteも新しいの出てますね〜。新しいバージョンの情報より、値段が2000円になっているのが気になっちゃうw
でも、一応アップデートすると無料になるのかな?僕はMacのAppStoreではなく、メディアでインストールしているので、まだ表示が2000円になってます。

とりあえずMavericksの使い勝手などについては、別のエントリーで書きます!
ではでは

MacBook Air 11インチ mid2013 開封!

前回の投稿「結局買った MACBOOKAIR 11インチ MID2013」で書いたようにポチッたMacBookAirが届きました〜!!
ただの茶色箱なのにめっちゃテンション上がってしまったわ〜!!

開封!!

MabBook Airたんこんにちは

じゃーん!!

開けてみるとこんな感じです。
ここらへんは2011年のモデルとそんなに変わらんすね。

延長って言えばいいんですかね、電源ケーブル。
こんな形してたかな。。去年のからなったとかって噂は聞いてたな。。
自分のproはどんな形状だっけかな。。

Retina MacBook Pro 15インチとの比較

ふた閉じて並べてみた!
こう見るとあんまりサイズ変わらんように見えるな。。

重ねたみた!
うん。こうしてしまうと大きさのスケールをあまり感じないね

キーボードはもちろん英語配列!美しいね!

画面を比べてみた!
この暗い部屋+下手くそな撮影でもわかる程の色の違い!色の深さが違います!
解像度もやっぱりこう見ると随分違うな〜

もっと近づけてみました。
明るさはどちらも最大です。
表示領域の違いをまじまじと感じるな。

重ねてた時にはわからんかったけど、開いて比べてみると大きさが全然違うように感じる!!不思議だ!

ちょっと使ってみた感想

噂の電池の持ちについてはまだそれほど使ってないのでわからないです。。

ターミナル、marsedit、omnifocus,chrome(タブ12個くらい開いてる)、夜フクロウ、textexpander、sourceTree,sublimeText2を起動して、明るさ普通にしている状態での表示はこんな感じでした↓

Mac battery

8時間!?
やっぱり伸びているな!!!

以前も使っていたので、大きな感動はそれほどなかったのですが、やっぱりとても軽いです!
思ったとおりでそこはとても良かった!!

あと、もう1つ噂の起動の速さですが、これは予想以上に早いですw
画面を開くときに、2センチくらい開いた程度で、画面がすでに光って準備OKな感じです。
本当に開いてすぐ始められるので、ストレスなく使えます。

ただ、思っていたよりディスプレイは貧弱ですね。
RetinaのMacBook Proに慣れてしまったせいか、予想より白く映るなって感じました。
あとものすごい狭く感じます。Retinaの世界にいるとどうやっても小さく見えてしまいますね。
昔はこんなに狭いな〜って感じなかったのに、今感じるってことは人間はどんなに贅沢なんだって話です。

まとめ

まだ少ししか使っていませんが、やはりこの軽さでMacが使えるのは素晴らしいな〜。
プロダクトとして1つの完成形な気がします。
この軽さは大切な要素だと思っています。
Macを持っていくか持って行かないか判断をするときに持っていくという判断を選択できるからです。
15インチのMacBook Proではできないことです。
そして、大抵迷った場合は持っていったほうが良い場合が多かったり。。
無理してiPadで文章を書いてストレス貯めるよりは、Airを使ったほうがずっと良い気がします。

電源を気にせず、どこへでも持っていけるMac
オススメです!
ではでは

結局買った MacBookAir 11インチ mid2013

最近迷いに迷っていたMacBookAir 11インチ mid2013なのですが、結局先日勢いでポチっちゃいましたww
スペックはこんな感じです。

MacBookAir spec

  • 1.3GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大2.6GHz)
  • 8GB 1,600MHz LPDDR3 SDRAM
  • 128GBのフラッシュストレージ
  • バックライトキーボード (US) + 製品マニュアル(日本語)

MacBookAir 11インチにした理由

サイズを11インチにした理由なのですが、これは結構単純です。
それは今MacBookProの15インチも持っているので、そっちとサイズが被るな〜って思ったのが大きい理由です。
13インチだとちょっと大きくなって、バッグを選ばないという僕の要件から少し外れてしまうなと思いました。
ただ、電池の持ちがすごく良くなっているのでその点は最後まで迷いました。
でも、HyperJuiceあるし、12時間も使わないだろうってことで、11インチしました。

この構成にした理由

次にこの構成にした理由です。
まずはCPU。これについては、それほど重い作業をしないのと、グレードを上げてもそれほどメリットを感じなかったところです。
たぶん、Airではコーディングとブログを書くのとWeb閲覧しかしないので。

次にメモリ。これは8GBにしました。
プログラミングやWebデザイン時にたくさんタブを開くのとそれなりにグラフィックツールを使うのが理由です。
4GBと8GBだとかなり違いますからね。
個人的な見解ですが、Macはメモリ食うので、8GBを選ぶほうが後悔が少ないと思います。

ストレージについて、basara669はよく使うファイルや素材、直近のプロジェクトの作業ファイルなどはDropboxに入れています。
購入にあたって要らないフォルダを別に移したりして軽量化したら15GBになったので、128GBで間に合うかなって感じで128GBを選びました。
Air買ったらついでにファイルも整理出来てしまったよ〜w

キーボードはUSしか使わないので、USです。

MacBooAirを使うにあたって考えたこと

今回新しいAirは機能を限定しました。
それは今持っているProとの差別化なども考えてです。
その中で今回買うAirでは脱Adobeをしようと思っています。
これまでFlashをやっていたこともあり、基本的にはAdobe製品入れないとだめだろ〜って思ってたんですが、今は正直使うものはPhotoshopとIllustratorくらい。
※Fireworksもなくなりますし。。

現在はグラフィックツールも充実してきて、これに代替出来るサービスもいくつもあります。
こういった別のツールを使って、脱Adobeをしつつ、容量も確保していこうかと思ってます。
脱Adobeが見事出来るか、このブログで書いていこうと思います。

早く届かないかな〜!
ではでは

※Amazonだと8万3000円くらいなのか・・。(2013年7月30日現在)

MacbookPro Retinaモデル (mid 2012) 15インチを1年使ってきてみて

2013年7月現在、basara669 はメインは、MacbookPro Retinaモデル (mid 2012)の15インチを使っています。
それまで、iMacとAirという2台体制だったのですが、思い切って一台だけにしてみました。
それはそれで楽しく生きてきたのですが、先日のアップルの発表以来、MacBookAirが気になって仕方ありませんw
たぶんこういうふうに思うのも何か今の環境に不満を持っているからじゃないかと思いましたw

というわけで、MacbookPro Retinaモデル (mid 2012) 15インチとの1年を振り返ってみて、レビューしてみようと思います。

良かったところ

画面がやっぱり綺麗

これは間違いなくこれまでに無いくらい画面が綺麗でした
ホントこの辺りは買ってよかったなぁという点です。

早い

これも想定どおりですが、ノートPCとは思えないほどの爆速っぷりです。
フォトショとかヒュン!って起動します。
色々なコンパイルなども早いですし、間違いなく作業効率は上がりました。

持ちやすい

RetinaではないMacBookPro使ってたことがあるのですが、うすくなったことでずっと持ちやすくなりました。
ちょっとした時に移動するときなど、大切なポイントでした

外部ディスクで何でも出来る

itunesのデータなど大量にあったので、内蔵ディスクが512しか無いことに少し不安がありました。
しかし、うまく設定すれば全然問題無く、外部のHDDを使ってうまく運用出来ます。

一つだけ設定すれば良い

これが一番のメリットでした。
これまで複数のMacを使っていたのですが、環境の違いにちょっとしたときに「あっ」となってました。
コンパイルなどしようとして、プラグイン入ってない〜とかあったり・・。
これがワンソースで済むようになったことでストレスが大きく軽減しました。

悪かったところ

続いて悪かったところです。

重い

薄く、軽くなったとは言えやっぱり重いです。。
どこかで少し作業しようという時に、軽く持ち出すって感じではないです。
あとベッドとかでちょっとブラウジングなどもしなくなりました。

縦に長い

これは意外と地味に嫌で、新幹線や飛行機で前の方がリクライニングしてしまうと確実に開けなくなります。
本来だとそこで作業をしたかったのですが、その時間が取れなくなってしまいます。

バッグを選ぶ

とても大きいので、バッグを選びます
たいていリュックや大きめのバッグを洗濯することになってしまいます。。
地味に嫌なところでしたね〜。

電池の保ちはそれほど良くない

公称値は7時間なのですが、4時間から5時間程度しかバッテリーは保たないです。
結局Hyperjuiceを持ち歩く日々でした。

旅行先で開かない

旅行先に持っていくのですが、旅先では荷物を減らしかったり、夜はつかれていたりとで意外と開かなくなりました。
旅先や出張では使わずって言うことが多かったです。

まとめ

MacBookAirの発表がトリガーになっているのですが、これまでと違い最近移動する機会が非常に多く、その度に重い思いをしていたり、充電器を持っていくかどうかの判断を迫られました。
それもストレスになっている気がします。
う〜ん、迷うな〜〜〜。。
ただ、Retina MacbookPro は非常に良い端末で性能としては申し分無いと思っています。
だからこそ、必要ないかも〜ということで迷うな〜〜〜。。

Mac Book Air 2013 を購入しようかの妄想の過程

WWDCでiOS7だったり、MacOS 10.9など色々発表がありましたね。

個人的にはガジェット好きなので、MacBookの動向が気になってました。

欲しい欲しいと思いますが一旦落ち着いて、僕のMacLifeに必要か色々考えてみようと思います。

basara669の今の環境と課題

ここ数年はMacBookAirとiMacの両方を使っていたのですが、昨年Retina MacBook Pro が発売されて、MacBook Airと iMacの両方売って、RMBPの15インチ1台体制にしました。

やっぱり1台体制ってのはとても良くて、環境構築や同期が1台になるので、「あ、これがない!」みたいなストレスはものすごい減りました。

Retina Mac Book Pro での課題

やっぱり11インチのAirよりはRMBPはデカいんですよね。

重さよりも大きさが気になります。どうしても外に持ち出す際にバッグを選びます。

そうすると服も選んでしまうので、そこら辺とてもストレスに感じてました。

上記を解決するために、今はコーディングしない場合はiPad mini を持っていくようにしています。

また、RMBPの電力は5時間弱しか保たないのですが、Hyper Juice を持っているので、あまり電力に関しては課題に感じたことは無いです。

果たして必要なのか!?

ガジェットとしては欲しいのですが、僕の環境に必要かどうかで言うと、結論としては必要ないかなと思いました。

Airの利点としてはやはり軽量な点に加え、電池の保ちなのですが、書いたとおり、Hyper Juiceを持っているので、(重いのですが・・・。)とりあえずは何とかなっているという感じです。

後は軽量で小型という点なのですが、外でコーディングするという機会がどれだけ多いのか。。

その少ない機会だったら、RMBPで十分なのではないかと思ったのです。

basara669 は見送ることにしましたが、Macの購入を考えている人や、デスクトップのPCもしくはMacを使っていて、外でも使いたいなという人にはものすごいオススメだと思います。

それと欲しい人は速く買った方が良いかもしれません。

円安の影響で、iPodに引き続き、Mac製品も値上がりしました。

[ #WWDC2013 ]やっぱり来ちゃった…。MacBook Pro、iMac、Mac miniが値上がり : ギズモード・ジャパン

こうみるとAirだけ安いんですよね。。

もしかすると今後Airも値上がりするかもしれないので、欲しいなと思った人は早めにゲットする方が吉かもしれません。

値上がりしてもぼくはMacを使い続けますけどね!

ああ、新しいOS楽しみだな〜

ではでは

ThunderBolt Displayをついに買ったった!!

iMacとMacBook Airの2台持ちだったのをRetinaMacbook15インチの1台体制にしまして、その代わりモニターを買おうということで、奮発して、Thunderbolt  Displayを購入しちゃいました!
購入の決め手はやっぱりDisplayが綺麗なことと、Macとの連携が素晴らしいからです。
どの辺りが素晴らしいかというと、まずこのモニターでMacBookが充電できちゃいます。
さらに、モニターについている、USBをハブを利用することができるので、今の様にMacBookにUSBハブをいちいち付けなくて良いので机がスッキリするかなということで、購入を決めちゃいました!

さらりと開封の儀

箱はこんな感じです。
超デカイです!

反対側から見るとこんな感じ。
まぁ、箱なんでそんなに面白く無いですねw
興奮して開ける過程を撮り忘れちゃったので、次は設置終わった写真ですw

設置してみた

でかーーーい!!
うひょ〜!テンション上がりますわ〜!
さらに机の上のケーブル減りました〜!
これはスッキリ!
電源部分なのですが、旧型になっているのですが、MagSafe – MagSafe 2コンバータがちゃんと付いているので、ちゃんと新しいタイプの電源プラグでも使うことができます。
そこはこれから購入する人でもご安心を!

本体くんはどこかというと、僕の机はとても狭いので、脇に小さい机を置いていて、そちらに置いてあります。
机のサイズ的にデュアルモニターにはできず、クラムシェルモードで使っています。
ディスプレイがとても大きいので広さ的な部分は全然問題になりません。

まとめ

ディスプレイの美しさやMacBookの機能拡張性など素晴らしいものです。
確かに一般的に売っているディスプレイの倍以上はしてしまうかもしれないですが、視野角や色の再現性を考えたら一考に値する製品じゃないかなと思います。
これは自分の家の問題もあるのですが、1点だけ残念な点は、Thunderboltのケーブルが若干短い点です。
たぶんデュアルモニターにしたり、モニター近くに本体を置くことを想定しているんだと思うので、これ以上長かったら逆に不便なのかもしれないですが、私の机はとても小さいので、横に置くことができません。。
そのため、ちょっと離れた脇の机まで今ケーブルを伸ばしている状態です。
あまり見栄えのいい状態ではないですね(^_^;)
それ以外はとてもよいものなので大満足です!

Airでももちろん使えるので、モニター欲しいなという方はぜひ購入を検討してみてください!
きっと違う世界が広がりますよ!

ではでは

後日談:一ヶ月くらいでThunderBolt Displayが壊れた

ものすごい便利に使っていたThunderbolt Displayなのですが、使って3週間ほどで壊れました(`;ω;´)

症状:ケーブルをつないでもモニターに映らなくなる。

最初は接触悪いかな?って感じだったのですが、ちょっと悪化して、すぐに
ケーブルを繋いでも、映らなくなってしまいました。
ただ、充電はできるという。。
これじゃ、でかい充電器に・・・。

ソフトウェア的な問題かもと思いフォーラム覗いたり色々試したのですが、全く改善されず・・。

調べた結果、ロジックボードの不具合らしいです。
結構同じ症状の人が多いみたいです。

Macbook Pro and Thunderbolt USB problem

どうやらどうにもできないってことはわかったので、ソッコーでアップルへ修理の依頼!

が・・・連絡先がわからず・・。

色々調べたんですけど、こちらから電話みたいです→アップルケア:0120-277-535

この電話の中でシリアル番号が聞かれるのですが、これが大変で、モニターの下についてるんですよねww
これは見るのが大変でしたww
ただ、担当の人はとても丁寧で無事申し込み完了!
これから連絡するという人は事前に見ておいた方がよいかも。

申し込んだら、ディスプレイを業者の方が取りに来てくれたので、あとは待つだけでした。
待つこと2週間程度で帰って来ました!

結果としては、ケーブルの接触不良で、本体交換となりました。
また、購入したばかりということもあり、修理費などは特にかかりませんでした!
いやぁ、アップル様、流石っす!
また、信仰心がアップしてしまいましたw

というわけで、Thunderbolt Displayオススメです!w

あと、これもいくつか持っていると色々便利だと思います。

Scroll to top