HomeBrewのインストールの仕方

これまでMacPortsを使っていたんですけど、どうやらHomeBrewの方が世の中の主流っぽいし、便利そうだし、早くていい感じらしいので、インストール方法をまとめてみました。

MacPortsのアンインストール

共存出来るのかもしれませんが、あまり良くないっぽいのでアンイストールします。

[c]
sudo port -fp uninstall installed
[/c]

このままだとMacPortsはアンイストール出来たのですが、MacPortsでインストールしたファイルなどは残ったままでです。
こちらも消しておきましょう

[c]
sudo rm -rf
/opt/local
/Applications/DarwinPorts
/Applications/MacPorts
/Library/LaunchDaemons/org.macports.*
/Library/Receipts/DarwinPorts*.pkg
/Library/Receipts/MacPorts*.pkg
/Library/StartupItems/DarwinPortsStartup
/Library/Tcl/darwinports1.0
/Library/Tcl/macports1.0
~/.macports
[/c]

Command Line Toolsをインストールする

Command Line Toolsというものをインストールします。これはxcodeに付属しているアプリケーションになるので、まずはAppStoreからxcodeをダウンロードします。

xcodeをインストールし終わったら、xcodeを起動し、Command Line Toolsのインストールをします。

  1. 「Xcode」→「Preferences」を選び、設定のッダイアログボックを開きます。
  2. Downloadsを選択
  3. Command Line Toolsを選択してインストールをします

これでHomeBrewインストールまでの準備が整いました。

homeBrewのインストール

公式サイトにあるインストールのコマンドをターミナルで実行するだけです。

Homebrew — MacPorts driving you to drink? Try Homebrew!

[c]
ruby -e $(curl -fsSL https://raw.github.com/mxcl/homebrew/go)
[/c]

一応アップデートしておきましょう。

[c]
brew install git
brew update
[/c]

これで問題無くインストールが出来ました。使い方はとても簡単で

[c]
brew install ソフト名(Formula名)
[/c]

のコマンドで必要なソフトウェアをインストールすることができます。
楽しい黒い画面ライフを〜
ではでは

Scroll to top